オリコの支払いが遅れそうなとき

お金がなくて返済できない

残高不足でこのままでは引き落としができない!

ローンの支払いが遅れると、遅延損害金が発生したりブラックリスト入りしてしまったりします。

放置すればするだけ事態は深刻になっていくため、無視だけはやめておきましょう。

状況の深刻度によって対処方法は変わってきますが、自力で解決できないかもと思ったらコチラに無料相談するとアドバイスがもらえます

まずは連絡・相談する

事前連絡が重要です!
支払いが遅れそうだと心配になった時点でオリコに連絡しましょう。

連絡せずに支払いが遅れるとオリコに悪い印象を与えてしまいます。

「支払いが遅れる」という結果が同じだったとしても、事前に連絡していれば誠意があると伝わり、今後の支払いのための交渉もやりやすくなります。

支払いの見通しが立つかどうかに関わらず、まずは連絡を入れることが重要です。

遅れたとしても支払う意思があることをオリコに伝えれば、一時的に支払日を変えるなどの柔軟な対応を取ってもらえる可能性もあります。

新型コロナウイルスの影響で支払いが遅れそう

新型コロナウイルスの影響で生活に支障
支払いが遅れる理由が新型コロナウイルス感染症の影響による場合、会社によっては特別相談窓口を設けているところもあります。

オリコの支払いに関する相談窓口

電話 (北海道)011-261-6002
(東北)022-215-2655
(関東・甲信越)049-271-3330
(東海・北陸)052-735-3525
(近畿)06-6821-3860
(中国・四国)082-225-5360
(九州・沖縄)092-722-5477
営業時間 9:30~17:30
URL https://www.orico.co.jp/support/cardcenter/

新型コロナのせいで支払えない時の減免制度とは?

コロナ版ローン減免制度

コロナ版ローン減免制度とは?

個人と個人事業主(フリーランスも対象)の人限定ですが、できるだけ返済してもそれでも返せない分を、自己破産とは違う方法で免除してもらうものです。

『カードローンや借りたお金が返せない』

『住宅ローンが払えなくなり売却しても完済できない』

『事業のために借りたローンが返せない』

このように、貯金等残っている財産を処分したとしてもローンを返せない、または近く返せなくなることが確実という人が対象となります。

コロナ版ローン減免制度のメリット

例えば一部のローンだけならなんとか支払うことができる場合

支払いできるローンはそのままにして、それ以外のローンだけ減免することもできます。

ローンを免除してもらっても、個人信用情報には記載されないで済みます。

事業を立ち上げるために新たな融資を受けたりクレジットカードを新たに作ったりすることも可能です。

また減免制度なら、原則連帯保証人に請求がいかないこともメリットになります。

すぐに払えないけど見通しは立つとき

本来の支払い期限よりは先でも収入の見通しがあるならすぐに連絡を!

すぐに払えないときでも支払いの見通しが立つなら、
「返済が遅れる事情」
「支払予定日」
をオリコに連絡して伝えましょう。

事情と予定日を伝えれば、支払いの変更に応じてもらえる可能性があります。

収入と支出のタイミングのズレをなんとかする方法

収入と支出のタイミングのズレを解消!
クレジットカードの支払いは1日でも遅れると、支払いを済ませるまで停止されてしまいます。

カードの制約上リボ払いや分割払いに切り替えられないときは、リボ払いより年率の低いフリーローンを利用するか、金利0円の特典のあるフリーローンを使う方法もあります。

初回利用なら30日間無利息などの特典を用意しているフリーローンもあるため、そういった所を上手に利用すれば、延滞料も利息も払わなくてよくなります。

利息0特典のあるフリーローンはこちら

どうしてもブラックリストに載りたくない!

クレジットカードやローンの返済・支払いは、1日でも遅れると延滞料が発生しますし、返済の遅れが続けば金融事故情報としてブラックリストに載ってしまいます。

収入の予定はあっても返済日より後の場合、足りない数日間を借り入れで乗り切る方法もあります。

オリコ以外にも有名な大手貸金業者から既に借り入れしていて、これ以上借りるのは難しい、でもどうしてもブラックリストに載るのは避けたい!という人には、中小規模の金融会社に申し込んでみることをお勧めします。

小さい規模の貸金業者でも、中堅クラスのところならかなり融通が利くため、総量規制のギリギリまで貸してくれたりもあります。

どうしたら貸せるのかなど、しっかりと話を聞いてくれます。
門前払いが不安な人は、実績づくりで借りやすい、令和カードのフリーローンがお勧めです!

令和カードフリーローンの公式サイトはこちら

どうしても支払いの見通しが立たないときは専門家に相談

専門家に相談して任意整理する方法

それでもどうしても支払いの見通しが立たないときは、弁護士や司法書士などの専門家に相談することを考えましょう。

任意整理なら自己破産のように裁判所を通す必要もありませんし、借り先と弁護士との交渉次第で、金利を無くしたり返済を減額してもらうこともできます。

交渉は全て弁護士か司法書士が間に立ってやってくれるので、債権者から自分に連絡が来ることもありません。

オリコの支払いが苦しくてどうにもならないと感じたら、専門家の助けを借りましょう。

債務整理の専門家に相談

専門家に相談するメリット

  • 最も自分に合った債務整理の方法を教えてもらえる
  • 督促はストップされる
  • 複雑でわかりにくい書類の作成や相手との交渉も代行してくれる
  • 家族や勤め先にバレないように配慮してくれる

早い段階で専門家に相談すると、事態が深刻化するのを防ぐこともできます。

どうしたらいいのか判断に困っているときは、とりあえず相談してみることをお勧めします。

任意整理の得意な専門家に無料で相談する

© 2021 オリコからの督促電話やSMSを無視していませんか?